東京都豊島区上池袋の東京スポーツ&整形外科クリニック【TSOC】

高村 隆

リハビリテーション部 部長 高村隆

リハビリテーション部 部長高村 隆

20年来、菅谷とタッグを組む、菅谷が最も信頼をよせる肩肘理学療法のスペシャリスト。オリンピック選手などのトップアスリートや多くのプロ野球選手や複数の日本人メジャーリーガーをアメリカにて支えた理学療法士。TSOCでは、理学療法のチーフとしてチームをまとめあげると共に、後進の指導を通じて臨床で結果を出せるTSOC Physio Teamを育成すべく全力を尽くす。

経歴

1997年
西日本リハビリテーション学院 卒業
1997年
船橋整形外科理学診療部 入職
2005年
船橋整形外科理学診療部 主任
2006年
船橋整形外科理学診療部 課長
2007年
船橋整形外科スポーツ医学センター課長
2012年
船橋整形外科スポーツリハビリテーション部 部長
2013年
船橋整形外科肩関節・肘関節センター 特任理学診療部 部長
2016年
船橋整形外科スポーツ医学・関節センター 特任理学診療部 部長
2019年
千葉大学大学院医学薬学府 医科学修士課程 修了
2020年
東京スポーツ&整形外科クリニック リハビリテーション部 部長

・理学療法士 専門理学療法士(運動器)
・日本スポーツ協会認定アスレティックトレーナー(JSPO-AT)

所属学会など

  • 日本理学療法士協会
  • 日本運動器理学療法学会
  • 日本スポーツ理学療法学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本肩の運動機能研究会

    運営委員(2016年1月~)、世話人(2020年10月~)

  • 日本肩関節理学療法研究会

    運営理事(2006~)

  • 日本肘関節学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会

学会発表・講演

1.The 2nd Asia-pacific Shoulder&Elbow Symposium 2019
『My Approach to Shoulder & Elbow Injuries in Throwing Athletes at SJC
in Funabashi Orthopaedic Hospital』
2.第31回日本肘関節学会学術大会 2019
『The relationship between tensile force to the Anterior Oblique Ligament and range of motion of the elbow: A Fresh-frozen cadaveric Study』
3.第45回日本臨床バイオメカニクス学会 2018
『新鮮凍結屍体を用いた肘前斜走靱帯の張力と関節可動域との関係』
4.第55回宮崎県スポーツ学会 2016
『投球障害に対するアプローチ ~プロ野球選手の治療経験から~』
5.第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会2016
パネルディスカッション3 運動器障害のアスレティックリハビリテーション
『Rehabilitation for throwing shoulder injury caused by physical dysfunction.』
6.スポーツフォーラム21 バレーボール2016
『術後後療法の実際 (術後管理から復帰までのポイント)』
7.第2回日本スポーツ理学療法学術集会 2016
『運動連鎖からみた投球動作の分析』
8.第26回日本肘関節学会学術集会 2014
『エリート野球選手の変形性肘関節症に対する鏡視下手術後の競技復帰』
9.ICSES 2013:The 4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists
『Abduction,Horizontal Flexion,and Internal rotation in Symptomatic and Asymptomatic Throwing Athletes』
10.第61回東日本整形災害外科学会学術集会 2012 シンポジウム
『ラグビー選手に対する鏡視下バンカート修復術後のスポーツ復帰について』
11.よこはまスポーツフォーラム21 2012シンポジウム
『理学療法士から見た投球障害の対応』
12.第46回 日本理学療法学術大会 2011
『野球選手の肩甲骨周囲筋(内転、下制と内転)等尺性筋力の検討』
13.The 1st Asian Congress of Shoulder & Elbow Therapist 2011
『Periscapular muscle strength in baseball players』
14.よこはまスポーツフォーラム21 2011 シンポジウム
『当院における投球フォーム介入』
15.第1回スポーツメディスンフォーラム 2010 シンポジウム『反復性肩関節脱臼の術後リハビリテーション』
16.第35回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2009 シンポジウム
『投球障害肩―いかに早期にスポーツ復帰させるか?―』
17.よこはまスポーツフォーラム21 2007『投球動作を踏まえた運動療法』
18.第4回肩の運動機能研究会 2006 パネルディスカション
『腱板断裂~腱板断裂の対する術前・術後機能評価~』
19.第3回肩の運動機能研究会 2006
『肩関節外旋筋力と棘下筋厚との関係』
20.第14回横浜スポーツ整形外科フォーラム 2006
『大学生投手における投球前後の肩関節内旋および外旋可動域変化』
21.関東甲信越ブロック学会1998
『騎手の傷害特性』
22.千葉県スポーツ医学研究会1997
『騎手の傷害特性』

研修会・講演

1. 九州中央リハビリテーション学院 オープンキャンパス講演2019
『スポーツから見た理学療法士の可能性とその先の未来』
2. 福岡ソフトバンクホークス 春期キャンプ講演 2019
『野球肘保存療法の可能性とパフォーマンスの回復』
3.公益財団法人日本スポーツ協会主催 JSPOセミナー 2019
『肩を整える~日常生活からスポーツ活動まで~』
4. 佐賀県理学療法士会運動器理学療法研修会
『肩関節外科のアップデート』
5. 福岡LOGIC勉強会2018
『The 肩の臨床』
6. 第2回関東野球フォーラム 2018
『投球障害の治療方針 ~投球障害は全身運動である~』
7. 市場小学校(1-3年生:2018、5-6年生:2018)
『ケガの予防とストレッチ』
8. 高根中学校全校保健集会(2012、2015、2019)
『ケガの予防とストレッチ』
9. 第6回野球肘研究会 2017
『保存療法の可能性とパフォーマンスの回復』
10. 広島県理学療法士協会 広島スポーツコンディショニング研修会2015
『スポーツ現場における投球障害 の評価と治療』
11. 西日本リハビリテーション学院 同窓会30周年記念講演 2014
『肩関節外科アップデート』
12. 脊損リハビリテーション研究会 2013
『脊髄損傷の肩関節障害とリハビリテーション』
13. 県民スポーツメディカルセミナー スポーツ傷害予防講習会 2013
『~予防のために必要な知識と身体つくり~』
14. 信越肩関節フォーラム 2013
『投球障害に対するアプローチ』
15. 専門リハビリテーション研究会 合同学術講演
『肩関節周囲炎の理学療法』
16. 運動器リハワークショップ 鳥取2011
『スポーツ障害での腱板術後のリハビリについて』
17. 千葉上肢セミナー 2011
『五十肩の理学療法』講演
18. ベースボールセミナー(2009、2010)
『ジュニア期の投球障害予防教室』講師(千葉県士会主催)
19. 足立区 第1回スポーツコンディショニングセミナー 2008
『投球障害の予防とケア』

その他の活動

・スポーツ理学療法研修会 講師(2019)
・第44回日本肩関節学会 併催である第14回肩の運動機能研究会 会長(2018)
・日本中央競馬会 厩務員過程 非常勤講師(2006~2020)
・日本中央競馬会 乗馬普及係課程 非常勤講師(2006)
・ダンロップジュニアゴルフスクール 埼玉、岐阜、兵庫(2010)
『フィジカルチェックとエクササイズ指導』
・市立船橋高等学校野球部 トレーナーサポート活動 (1999年~2003年)
・東京情報大学 野球部 トレーナーサポート活動 (2004年~2008年)

著書

編者1編
著者16編

論文

著者42編(英語1編、日本語41編)
~2020年7月10日

マスコミ出演

・2021年 NHK BS1 ザ・ヒューマン
『飛び込み一家 東京五輪 宿命との闘い』
・2017年 テレビ東京 SPORTS ウォッチャー
『石井弘寿(ヤクルト)WBCに翻弄された男 栄光の影に隠された転落人生』
・2016年 TBSバース・デイ
『アマチュア界No.1投手・田中正義 ドラフトまでの1年に密着』
・2010年 yomiDr. 読売新聞の医療・健康・介護サイト 医療大全
『ゴルフやテニス、肩に負担がかかる痛み』 等